クラブ紹介

理念

当クラブは2009年10月1日に発足、2010年4月1日より大阪府アーチェリー連盟および全日本アーチェリー連盟(全ア連)に加盟したアーチェリークラブです。渚体育館のスカイアリーナ(射場)を大切にしたい思いで、皆さんのあたたかい応援を背に受けて発足しました。

クラブ発足から10年以上になりますが、これからもアーチェリーをしたいと思って入門してくださる方を大切にしていこうと考えています。そのためには楽しいアーチェリークラブであるように心がけています。


経験者の方へ

グリーンバッジを所持していることが望ましいですが、実力的に同等以上であれば問題ありません。詳細は「部員募集」のページをご覧ください。


射場の様子

渚体育館のスカイアリーナは、弓技ができる施設です。
弓道とアーチェリー(洋弓)の両方で使用できます。
弓道とアーチェリーとで施設利用可能日が異なります。
アーチェリーの施設利用可能日については、渚体育館のスケジュールをご確認ください。


特徴
(1)距離:30mまで
(2)人数:10人まで同時に行射可能
(3)全天候型射場…雨が降っても、射つ人が矢を取りに行く時に雨に濡れません
(4)照明…射場を照らす照明があるので、体育館の閉館時間である夜9時まで射てます
   (一番下の写真は夜に撮影したものです)
(5)広さ:551平米

img_20161229-031620.jpg

img_20161229-032705.jpg

img_20161229-031731.jpg


クラブ沿革

名称 枚方アーチェリークラブ
部員数 93名(2019年12月28日現在)
全ア連登録者数 28名(2019年度)
活動拠点 枚方市渚市民体育館
目的 アーチェリー活動を通じて個々人の生活を豊かにするとともに、アーチェリーの普及と発展に寄与すること。
活動 (1)定例競技会の開催(楽しいことを企画したいので、アイデア募集中)
(2)枚方市スポーツ事業への参加
(3)アーチェリー公式試合への参加
(4)初心者の方への指導
(5)近隣クラブとの交流会及び親睦会
(6)安全なアーチェリー練習場及び競技場の確保
競技団体加盟 (1)2010年度より大阪府アーチェリー連盟及び全日本アーチェリー連盟に加盟しています。
(2)当クラブ員は連盟選手登録することができ、各種公式試合及びオープン試合に参加できます。